レーシックって何?



lasik002.gif レーシックって何?


lasik001.gif 視力回復手術、視力矯正手術の一形態のことです。


 レーシックって何?



レーシック(LASIK)とはギリシャ語で、正確には「Laser in Situ Keratomileusis」と表記され、エキシマレーザーと呼ばれる機械で眼の角膜の屈折率を矯正して(角膜の形状を変える)、視力を回復させる手術のことです。


視力が低下する原因(近視・乱視・遠視になる原因)は、さまざまな原因によって眼の角膜の屈折率の異常が起こり、焦点が網膜からズレてしまうためで、網膜に焦点が合うように屈折率をレーザーによって矯正すれば、「近視・乱視・遠視」を治すことが可能なのです。


 レーシック手術は厚生労働省に認められているので安心



レーシック手術で使用されるエキシマレーザーは、日本の厚生労働省にあたるアメリカのFDA(米国食品医薬品局)で1995年に、日本の厚生労働省には2000年に使用認可されていますので、レーシックはアメリカだけでなく日本でも国が安全だと認めたレーザー手術なのです(認可されたのが上記の年というだけで、実際にはその年以前からエキシマレーザーを使用した角膜屈折矯正手術レーシックは行われていました)。


 視力回復手術レーシック施術の種類



一言にレーシックといっても近年ではレーシック手術を元としたさまざまな視力回復手術、近視矯正手術が行われており、クリニックによってどのレーシック手術を行っているかも異なり、どのレーシック手術がその人に合っているかも異なります。


◎レーシック


レーシックはもっとも一般的な視力回復手術ですが、最近では単なるレーシックではなく、以下のようなより安全で、視力回復率の高いレーシックが一般的となってきており、また何らかの理由によってレーシックを受けられなかった方でも、以下のようなレーシック(視力回復手術)は受けることが可能な場合もあります。


◎イントラレーシック


イントラレーシックとは、コンピューター制御によって通常のレーシックに比べてより安全で、視力回復率も高く、術後起こる可能性がある「ドライアイ・ハロ()」の発生率を抑えることが可能なレーシックの一形態のことで、近年アメリカ、日本では通常のレーシックよりもこのイントラレーシックが視力回復手術の主流となってきています(クリニックによっては「スーパーイントラレーシック」と呼んでいる場合もあります)。


ハロとは、レーシック手術後発生する可能性がある合併症のことで、夜間車のライトなどが眩しく感じる症状のことです。ただハロが発生しても通常であれば数週間~2,3ヶ月ほどで症状が出なくなることが多いのですが、人によっては一生、治らない場合もあります(強度近視の方が発生しやすく治りにくいといわれ、レーシックに比べてイントラレーシックのほうが発生する確率は少ないといわれています)。


◎エピレーシック


エピレーシックとは、強度近視、または角膜が薄いために通常のレーシックを受けることが出来なかった方や、スポーツ(特に格闘技)をするために通常のレーシックを受けることが出来なかった方が受けているレーシックの一形態のことで、レーシックと異なりフラップ(角膜の蓋のようなもの)を作成しないので術後の安全性は高いといわれていますが、視力回復までに早くて3日~1週間ほどかかり、回復した視力が安定するまでには数ヶ月以上、場合によっては1年ほどかかる場合もあることが大きなデメリットで(通常のレーシック、イントラレーシックなどは即日~2日ほどで視力回復します)、レーシック、イントラレーシックに比べて術後の痛みが激しいといわれています。


◎ウェーブフロントレーシック


ウェーブフロントレーシックとは、強度近視、強度乱視、不正乱視など、通常のレーシックでは矯正が難しかった方でも視力を矯正できる可能性があり、通常のレーシックよりもより正確な矯正が可能といわれていますが、まだ日本で導入しているクリニックはそれほど多くなく、症例数が少ないのがデメリットかもしれません。


◎ラセック


LASEK(ラセック・ラゼック)とは、眼にキズのある方、強度近視、スポーツ選手(特に格闘技などの激しいスポーツ)、角膜が薄い方で通常のレーシックを受けることが出来ない方でも受けることが可能な場合がある視力回復手術のことで、視力回復までに1週間ほどかかることがあったり、両眼同時に手術が受けられないこともあるなどのデメリットもあるため、日本ではまだそれほど浸透していない視力回復手術です。


◎フェイキックIOL


フェイキックIOL(Phakic IOL)とは、人工レンズ(永久コンタクトレンズとも呼ばれています)を眼内(角膜と水晶体の間)に挿入して視力を回復させる治療法で、安全性が高いことからレーシック同様アメリカのFDA(米国食品医薬品局)にも認可されています。


大きな特徴としては、レーザー治療によって角膜の屈折率を矯正させるレーシックと違い、人口レンズを挿入するだけなので、角膜の厚さ、近視の強さなどに関係なく手術を受けることが可能ですので、エピレーシックによっても矯正が困難と言われた最強度近視の方でも治療を受け視力を回復させることが可能で、もしも不具合があっても人口レンズを外せばよいだけなので、リスクの少ない視力回復法といえるかもしれませんが、レーシック、イントラレーシック、エピレーシックに比べて2~5倍ほどする高額な料金が大きなデメリットかもしれません。


◎PRK


レーシックでは角膜の表面を削りフラップ(角膜の蓋のようなもの)を作るのですが、PRKではフラップは作成せず、角膜表面を除去し、そこにエキシマレーザーを照射して角膜の屈折率を矯正するため、角膜が薄い方、近視度数が強い方でも手術を受けることが可能で、フラップがないため手術後のリスクも少ないため格闘技などの激しいスポーツをする方に人気の視力回復手術となっています。


しかし視力が安定するまでに1ヶ月以上かかることも珍しくなく、両眼同時に手術を受けることが出来ず、また視力が戻る可能性がレーシックよりも高いことが大きなデメリットです。


◎オルソケラトロジー


オルソケラトロジーとは視力回復手術ではありませんが、就寝時に特殊なハードコンタクトレンズを装用することによって、起床時に一時的に視力が回復する為日中は眼鏡や度入りのコンタクトレンズが不要となる治療法のことで、レーシックを受けられない子供やレーシックなどのレーザー治療に不安を感じている方に人気の視力回復法ですが、強度近視、強度乱視、ドライアイの方は治療を受けることが出来ず、またアメリカのFDA(米国食品医薬品局)には認可されており、アメリカではレーシックに匹敵するほど症例数も多く、日本の厚生労働省では2009年に認可されましたが、日本では症例数が圧倒的に少ないのが原状です。





レーシックを費用、料金だけで決めようと思っていませんか?

・黒田博樹
・T-岡田
・吉村裕基
・梨田昌孝
・玉田圭司
・杉山愛
・堀江貴文
・玉山鉄二
・熊田曜子
後藤輝基
・陣内智則
・井上裕介
・中田敦彦
・藤森慎吾
・村上純
・後藤淳平
・東原亜希
・井上康生
・近藤春菜
・KABA.ちゃん
・乙葉
・杉浦太陽
・水道橋博士
・池谷幸雄

神戸神奈川アイクリニックは多くのスポーツ選手、芸能人が選んだ医院。安全・安心のレーシック(視力回復手術)なら!

神戸神奈川アイクリニック芸能人

近視関連Q&A

乱視関連Q&A

遠視関連Q&A

視力回復手術全般Q&A

リンク集&免責事項

SNS / bookmarks

サイト更新日


平成29年10月21日

お問い合わせ


Copyright © 2008-2017 レーシック手術で近視、乱視、遠視を矯正!回復!. All rights reserved