レーシックで副作用、合併症の可能性は?



lasik002.gif 視力回復手術レーシックを受けて「副作用・合併症」などが起こる可能性はないの?


lasik001.gif 個人差がありますが「副作用・合併症」が起こる可能性はあります。


 視力回復手術レーシックと副作用・合併症



近視矯正手術レーシックを受けることによって以下のような副作用、いわゆる合併症が起こる可能性がありますが、いずれも失明に至るような重大な症状ではなく、症状が起こっても時間の経過と共に改善されるのが普通で、また以下のような症状が全ての方に起こるわけではなく、あくまでも起こる可能性があるというだけで、合併症が起こる確率は実際にはレーシック手術を受けた方の数%ほど?だといわれています。


◎ハロレーシックの合併症ハロ


夜間、灯りがボヤけて見える症状。


◎グレア


夜間、ライトなどの灯りが眩しく感じる症状。


◎スターバスト


夜間の光が星状に見える症状。


◎角膜拡張症(ケラトエクタジア)


近視を矯正するために角膜中心部を削りすぎてしまったために、薄くなった角膜が、眼圧に耐え切れなくなって飛び出してくる症状。


◎ゴロゴロ感


視力矯正手術レーシックを受た直後は、一時的にゴロゴロとした眼に異物感があることがありますが、通常、手術翌日~1週間ほどには異物感はなくなります。


◎ドライアイ


レーシック後は眼が乾燥しやすいので、一時的にドライアイの症状が出ることがあります。


◎眼の充血


レーシック後は眼が充血することがありますが、1~3週間もすればなくなることが普通です。


◎感染症



レーシックは衛生面を考慮した手術ルームで手術が行われますので、手術中に感染症が起こることはまずありませんが、レーシック手術後、まだ角膜が完全に修復する前に通常生活の中で感染症を起こす可能性があります。


しかし2008年から2009年にかけて銀座眼科でレーシックを受けた7人の患者が感染症角膜炎を発症したことが大きく報道されました。


もちろん銀座眼科の衛生管理がずさんだったことは否めず、このニュース後、レーシックを受ける方が激減しました。


ただ他のクリニックでは感染症は起こっておらず、このニュース後、ほとんどのクリニックではより一層、衛生管理を徹底したはずですので、感染症が怖いからといった理由だけでレーシックを諦めるのも、もったいない気もします。


上記のように視力回復手術レーシックの副作用、合併症にはさまざまなものがありますが、合併症として起こる可能性が高いのは「ハロ・グレア」などの夜間視力に関係する症状です。


またレーシック手術の副作用、合併症はほとんどの場合、~6ヶ月ほどで症状は治まりますが、個人差がありますので、上記のような副作用、合併症がまったく起こらない人もいれば、合併症が半年以上続く、または一生残る方もいるのです。


ただレーシックを受ける前には「適応検査」が行われ、この適応検査では実にさまざまな、そして細かく検査を行い、レーシック後、どれほど視力が回復する可能性があるのか?レーシック後、副作用、合併症が起こる可能性はないか?がある程度は分かりますので、適応検査を受けてみなければ副作用、合併症が起こる可能性があるのかは分からず、実際に手術を受けてみなければわからないのが原状です。


ちなみに、


・強度近視
・強度乱視
・角膜が薄い方


上記のような方は、普通の方に比べて副作用、合併症が起こる可能性が高いといわれています。


いずれにしてもレーシック手術後は上記以外にもさまざまな副作用、合併症が起こる可能性がありますので、レーシック後、何かおかしいと感じたら早めに手術を受けたクリニックで診察を受けましょう!


 関連Q&A



近視手術後、視力が元に戻る可能性は?

近視手術を受けて視力が落ちる可能性は?

レーシックを受けて将来に不安はないの?

レーシックを受けると老眼になりやすいの?

視力回復手術を受けた痕は残るの?




レーシックを費用、料金だけで決めようと思っていませんか?

・黒田博樹
・T-岡田
・吉村裕基
・梨田昌孝
・玉田圭司
・杉山愛
・堀江貴文
・玉山鉄二
・熊田曜子
後藤輝基
・陣内智則
・井上裕介
・中田敦彦
・藤森慎吾
・村上純
・後藤淳平
・東原亜希
・井上康生
・近藤春菜
・KABA.ちゃん
・乙葉
・杉浦太陽
・水道橋博士
・池谷幸雄

神戸神奈川アイクリニックは多くのスポーツ選手、芸能人が選んだ医院。安全・安心のレーシック(視力回復手術)なら!

神戸神奈川アイクリニック芸能人

近視関連Q&A

乱視関連Q&A

遠視関連Q&A

視力回復手術全般Q&A

リンク集&免責事項

SNS / bookmarks

サイト更新日


平成29年10月21日

お問い合わせ


Copyright © 2008-2017 レーシック手術で近視、乱視、遠視を矯正!回復!. All rights reserved