不正乱視でもレーシックで治療、回復?



lasik002.gif レーシック手術で不正乱視を治療することはできるの?


lasik001.gif 不正乱視の方でもレーシックで視力矯正できる可能性はあります。


 不正乱視と視力回復手術レーシック



不正乱視とは角膜の病気、ケガなどによって角膜表面が凸凹しているため、眼に入ってくる光の屈折が不規則になり、焦点がどこにも合わない乱視のことです。


軽い不正乱視程度であれば眼鏡で矯正することも可能なのですが、強い不正乱視になるとメガネでは矯正が困難なためコンタクトレンズで矯正する必要があり、コンタクトレンズでも満足に矯正できない場合は、視力回復手術レーシックが非常に有効な治療法となります。


もちろんレーシック手術を受けるためには適応検査に合格しなければならず、不正乱視だからといって全ての方がレーシックを受けられるわけではありませんので、レーシックで不正乱視を治療したいと思っている方は、まずはクリニックで適応検査を受けてみなければ、受けられるか分からないのが現実です。


 関連Q&A



レーシック手術で乱視治療は可能?





レーシックを費用、料金だけで決めようと思っていませんか?

・黒田博樹
・T-岡田
・吉村裕基
・梨田昌孝
・玉田圭司
・杉山愛
・堀江貴文
・玉山鉄二
・熊田曜子
後藤輝基
・陣内智則
・井上裕介
・中田敦彦
・藤森慎吾
・村上純
・後藤淳平
・東原亜希
・井上康生
・近藤春菜
・KABA.ちゃん
・乙葉
・杉浦太陽
・水道橋博士
・池谷幸雄

神戸神奈川アイクリニックは多くのスポーツ選手、芸能人が選んだ医院。安全・安心のレーシック(視力回復手術)なら!

神戸神奈川アイクリニック芸能人

近視関連Q&A

乱視関連Q&A

遠視関連Q&A

視力回復手術全般Q&A

リンク集&免責事項

SNS / bookmarks

サイト更新日


平成29年10月21日

お問い合わせ


Copyright © 2008-2017 レーシック手術で近視、乱視、遠視を矯正!回復!. All rights reserved