視力回復手術を受けた人はどれ位?



lasik002.gif 視力回復手術レーシックを受けている人はどれほどいるの?


lasik001.gif 2007年は「アメリカで約160万人、日本で約20万人」が視力回復手術レーシック(イントラレーシック、エピレーシックなどを含む)を受けたようです。


 近視矯正手術レーシックを受けた人数は?



アメリカのFDA(米国食品医薬品局)で1995年に、日本の厚生労働省には2000年に、レーシックで使用されるエキシマレーザーが使用認可されて以降、レーシックを受ける方は徐々に増加し始めました。


アメリカでは1999年に年間症例数が100万人を突破し、2007年には年間160万人の方がレーシック手術を受けるなど、完全にレーシックが世間一般で認められ、「近視になったらレーシックを受ける」ことが当たり前のところまできています。


一方、日本では、


・レーシック手術を行うクリニックが少なかった

・手術料金が庶民には中々手が出ないほど高額だった

・身近にレーシック手術を受けた人がほとんどいなかった

・視力回復手術レーシックなんて知らなかった


などの理由から中々、症例数は増えませんでしたが、レーシック手術を行うクリニックが増え、手術料金もかなり手頃になり、多くのスポーツ選手や芸能人が受けた結果、認知度が上がったため近年では急速に症例数が増加し、日本でも2008年にはついに約40万人の方がレーシック手術を受けられました。


今後益々、技術も向上し、手術料金も手頃になると思いますので、年々レーシックを受けられる方は急激に増加すると予想されています。


〜視力回復手術レーシック症例数の推移〜


日本全体でのレーシック症例数と、日本でもっともレーシック症例数の多い品川近視クリニックのレーシック症例数は以下のように推移しています(2008年、品川近視クリニックの症例数は日本全体の約6割を占めていました)。


レーシック症例数
(日本全体)
レーシック症例数
(品川近視クリニック)
2005年 約7万人 24,456人
2006年 約15万人 59,002人
2007年 約20万人 116,741人
2008年 約40万人 237,595人



上記の通り、2008年は品川近視クリニックだけで約24万症例数、2007年比、約12万症例も増加するなど、レーシック(イントラレーシック、エピレーシックなどを含む)の症例数は年々、かなりの勢いで増加している事が分かります


 関連Q&A



近視手術レーシックを受けた感想は?

レーシックを受けた芸能人スポーツ選手は?





レーシックを費用、料金だけで決めようと思っていませんか?

・黒田博樹
・T-岡田
・吉村裕基
・梨田昌孝
・玉田圭司
・杉山愛
・堀江貴文
・玉山鉄二
・熊田曜子
後藤輝基
・陣内智則
・井上裕介
・中田敦彦
・藤森慎吾
・村上純
・後藤淳平
・東原亜希
・井上康生
・近藤春菜
・KABA.ちゃん
・乙葉
・杉浦太陽
・水道橋博士
・池谷幸雄

神戸神奈川アイクリニックは多くのスポーツ選手、芸能人が選んだ医院。安全・安心のレーシック(視力回復手術)なら!

神戸神奈川アイクリニック芸能人

近視関連Q&A

乱視関連Q&A

遠視関連Q&A

視力回復手術全般Q&A

リンク集&免責事項

SNS / bookmarks

サイト更新日


平成29年1月11日

お問い合わせ


Copyright © 2008-2017 レーシック手術で近視、乱視、遠視を矯正!回復!. All rights reserved